痩身ダイエットの実践報告。

マジでやばい。。痩せないと

キャビテーションによる痩身のデメリットについて

2016/12/13

超音波の照射という、メスや薬剤を使わない痩身手術として人気が高いキャビテーション痩身ですが、
決してメリットのみという訳ではありません。以下、デメリットとしてお見知りおきいただきたい点を説明します。

まず気になるのが価格ですかね。1回の価格はさほど高額ではありませんが、定期的な治療を必要とするのでコストがかかります。
最低4、5回は必要と言われていますが、効果が出にくい方ですと回数がかかるため、医師と相談する必要があります。
他に挙げられるデメリットとしては効果が出るまでに時間がかかるということ。
自然代謝による脂肪の排出であるため、切除のような即効性が期待できません。長期戦の覚悟が必要となります。

自然排出という点では、肝臓など臓器に負担がかかるデメリットがあります。
キャビテーション手術の前後は糖分や脂肪分の摂取を控え、禁煙・禁酒で生活する必要があります。
この期間も回数がかかる方だと長くなるため、ダイエットの強敵であるストレスになりがちです。
食事以外にストレスが発散できるように自分をコントロールする必要があります。

また、医師の技術や機械によっては超音波が耳骨に残り、耳鳴りが一時的に続くこともあると言われています。
担当医師と良く相談し、信頼・納得した上で手術を受けることをおすすめします。

キャビテーション痩身も万能ではありません。しかしメスを入れず薬剤も使わないので、他手術よりリスクは低いです。
以上のデメリットも考慮した上で、キャビテーション手術を受けるか受けないかの選択をされることをおすすめしますね。

-美容